加齢臭の原因は生活習慣

加齢臭というものに触れたことがある方は多くいらっしゃるのではないかと思います。両親や知人などに対しておやっと感じてしまったことがあったり、あるいは自分自身が加齢臭を発していることに気付いてしまった、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。最近では男性だけでなく女性でも加齢臭に悩む方が増えています。
加齢臭とはその名の通り加齢において臭いを発してしまうことです。歳のせいならばしかたがないことだと思うかもしれませんが、対策次第では軽減させることも可能です。
まず、加齢臭というのは何が原因なのかというと、ノネナールという物質の増加です。このノネナールというのは皮脂の中の脂肪酸と過酸化脂質が結びついてしまうことによって作られるのですが、年齢を重ねることによってそれらが増加してしまうためそれらが合わさってノネナールが増加、加齢臭の原因となってしまうのです。
やはり年齢のせいだから仕方がないじゃないかと思うかも知れませんが、脂肪酸や過酸化脂質が増えるのは加齢だけではありません。飲酒や喫煙、不規則かつ偏った食生活やストレスなどでも増加してしまうのです。運動不足なども良くないとされているため、それらを改善するだけでもかなり軽減させることが出来るでしょう。