肝臓の機能の低下が原因

年齢を重ねてくると今まで臭わなかった箇所がだんだん臭ってくる事があります。例えば毎日お風呂に入ってしっかり洗っているのに次の日になると体から独特な臭いがする事があります。これは老化によるものと言いたいところなのですがそれだけではないとも言えます。

臭い

たしかに年齢を重ねてくると若い頃に比べて基礎代謝が落ちてきます。そのため体から分泌される皮脂が酸化しやすくなるので臭いが発生しやすくなってきます。しかし臭いというのはそれだけではありませんし原因は他のところにもあるのです。
加齢臭対策
食生活で肉類や揚げ物など脂質の多い食べ物ばかり食べていると当然体に脂肪がたくさん突いてしまって太ってしまいます。脂肪が肝臓の周辺に突いてしまうと 肝臓の機能が低下しやすくなってしまいます。肝臓の機能が低下してしまうと臭いが発生しやすくなってしまいます。肝臓はアンモニアを代謝する働きがあるの で機能が低下してしまうとアンモニアが代謝しきれなくなって臭いが発生してしまうのです。肝臓の機能を低下させないためにはお腹の脂肪を減らす事が大切に なってきます。

加齢臭は上半身に発生する事が多いと言われています。そのためお腹の脂肪を減らすだけではなくて頭皮、顔、胸元のケアも欠かさずにする事も大切になってきます。

続きを読む

柔軟剤を変更しました。

私の主人はまだ30歳手前ですが、加齢臭がします。正確にいうと、普段近くにいる分には気にならないのですが、枕カバーや使用後のカッターシャツは臭います。
男性独特の臭いなので、汗などをかけば仕方がないのですが、会社で「奥さんがいるのに、こんな臭いがするのか。奥さんはしっかり洗濯してないのでは」と思われないか不安で、それからは色々試してみることにしました。
枕カバーは毎日洗うとして、洗濯物も柔軟剤を色々試してみました。中には香水並に香りがきついものもありましたが、試した結果「ファーファードバイ」の香りに行きつきました。ほっと安心するような甘い香りで、男性ウケも女性ウケも良さそうな香りです。
それに変えてからは、使用後のカッターシャツも、主人の洋服なども加齢臭が気にならなくなりました。
そしてもう一つ、枕カバーが臭う原因の一つとして、後頭部がきちんと洗えていないことがあげられるそうです。
そこで、主人には頭皮の汚れをきっちり洗うように伝え、続けてもらいました。それから半年近く経ちますが、以前よりは気にならなくなりました。
加齢臭は、なかなか自分ではわからない臭いだと言いますので、今回の私のように、周りの人が助言し管理してあげることで改善されるのかなと思います。

続きを読む

加齢臭対策は部位毎にポイントを絞りましょう

加齢臭と言っても、体の部位別にそれぞれ特長があるようです。まず頭皮のニオイ。頭皮の皮脂が酸化したものが大半を占めています。次は口臭。口臭は、歯周 病などで歯ぐきが炎症を起こしている場合が多く、治療を行えば口臭を回避できることも多いようです。ドライマウスや緊張、ストレスなどで口が乾いていると きも菌が繁殖しやすく、ニオイが強く出やすくなります。つぎはワキの下です。じんわり汗をかくとツンッとするニオイが特長。そんなさまざまな部位の加齢臭 対策ですが、ポイント毎に効果的な方法があります。<頭皮のニオイ>には、頭皮ケアを重視したシャンプー&トリートメントが有効です。古い皮質を落とし て、頭皮を正常に保ちましょう。次に口の中がくさい場合は、オーラルケア用品(歯間ブラシ、マウスウォッシュ)で対応しましょう。ワキの下のニオイには、 ボディウォッシュや石鹸などを薬用タイプに変えて、常に清潔を保ちます。殺菌成分を配合した制汗剤、除菌シートなどで、発汗を抑えることが大切です。この ような対処法で1カ月もすると、加齢臭もだいぶ抑えられました。加齢臭対策をするのなら、徹底的に、かつ継続するのが吉です。

続きを読む

自分ではわかりにくい加齢臭をどうするか

人によれば30代後半くらいから加齢臭はするということですので、50代になっている私には加齢臭がしないということはないでしょう。しかし、現状では加 齢臭を意識したことはありませんし、家族や親しい人からも加齢臭を指摘されたことはありません。ただし、家族や親しい人は加齢臭がしていても指摘すること をしないだけかもしれません。
加齢臭は自分で感じたり、人から指摘されない限りは深く考えない方がいいと思いますが、私はついに自分の加齢臭を感じてしまいました。それはクローゼット の中でした。数年前までは感じなかった、加齢臭がクローゼットの中からしてきたのです。衝撃を受けました。自分の加齢臭が洋服に移っていてそれがクロー ゼットのような閉ざされた場所であると臭ってくるということのようです。
気がついた以上は対策をせざると得ません。幸いにしてあまりひどい加齢臭の臭いではないと思われますので、クローゼットの中には強力な消臭剤を入れること にして、自分が着用している衣服は今までよりも高い頻度で洗濯をすることにしました。これくらいで加齢臭が全くしないことはないと思いますが、あまりひど くないうちはこのくらいの対策で十分と考えています。

続きを読む